BLOG 工房日記

カテゴリー

お客様の声

2020,05,24
よくある質問

なぜ付ける?結婚指輪の意味や役割

普段から指輪やアクセサリーをつけない方にとって、結婚指輪や婚約指輪をつける感覚に慣れなかったり、違和感を感じたりしますよね。

ついぶ川越工房で指輪の手作りに来られた方でも「今までつけたことないからよく分からない」という方は意外と多かったりします。
そこで今回は結婚指輪について、その意味や役割を紹介していきます。

 

結婚式でふたりが交換するのが結婚指輪

よく婚約指輪と混同されがちですが、
テレビやドラマ、あるいはご親族やご友人の結婚式で誰しもが見たことであるであろう、新郎新婦の指輪交換。あの場で使われるペアリングが結婚指輪です。

また、それ以外にもご入籍された時から使われる方も数多くいらっしゃいます。

結婚式の有無などに限らずとも、結ばれた二人の絆を証明する印になる、大切な指輪なんです。

 

つけることでどんな意味があるの?

結婚指輪は誓いの証だとか愛の象徴……と言われても、いまいちピンとこない方がいらっしゃると思います。
しかし、日常的な視点に変えてみるとしっかりと効果があることがわかりますよ!

〇 結婚したことを実感できる
 ご入籍したばかりだと「いつもと変わらないし、あんまり結婚した実感が沸かない」ということも。
そんな中で二人で結婚指輪をつけていると「結婚したんだなぁ」と感じられます。
二人が結ばれていることを形にして、安心や信頼を感じることができるんですね。

〇 結婚していることを周囲に伝えられる
 電車の中、会社内、どこかのお店……様々なシーンで出会った人の左手をふと見ると、その薬指にはキラリと光る指輪が。それを見て「あっ、この人は結婚してるんだな」って思ったことはありませんか?
そう、結婚指輪をつけることで既婚者であることをさりげなく伝えられるんです。

〇 二人の想いを共有できる
 結婚指輪には、二人で指輪選びをしたことや結婚式の思い出など、たくさんの新鮮な気持ちがこめられます。
特についぶ川越工房では、一緒に結婚指輪の手作りすることで「より想いをこめることができた!」という声もたくさんあります。
そんな二人だけの大切な思い出を、結婚指輪を通して共有できるって素敵ですよね!

 

 

いかがでしたでしょうか。
これから結婚指輪を考えている方の参考になれば幸いです。
今後も歴史やデザインなど、様々な知識をお伝えしていこうと思います。

 

 


ついぶ川越工房
〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-6-2-2F
TEL:049-277-5252
E-mail:info@tsuibukawagoe.com
営業時間:10:00~18:00