BLOG 工房日記

2019,12,22
工房日記

ついぶ川越工房ができるまで【前編】

2020年1月5日にオープンを迎える指輪の手作り工房・ついぶ川越工房ですが
工房は東武東上線『川越駅』あるいは西武新宿線『本川越駅』から蔵造りの町並みへ向かう通りに新設された建物の2階にあります。

こちらがついぶ川越工房の外観となります。
残すところ、看板が設置されるのみとなりました……!

こちらの建物は2019年9月より工事が始まりました。
今回はそんな来年オープンのついぶ川越工房が生まれる前の様子をご紹介していこうと思います。

新築なので最初は基礎から。まだまだどんな建物になるか想像もつきませんね。

また、本川越から蔵造りの町並みを結ぶこちらの通りは川越中央通り商店街とも呼ばれており、2019年3月に改装されたとても綺麗な街道となっています。
カフェやパンケーキ屋さんのほか、民芸品を取り扱う雑貨店なども並んでいます。

なんと、こちらがひと月後の姿で、一気に形になってきました。
一か月でここまで進むんですね。
ここまでの途中経過を撮影できなかったのが悔やまれます……!
ちなみに建物は木造になります。

中にも入らせていただきました。天井も壁も枠の状態で、
ここには窓がつくのかな、明かりはこの辺につくのかな、なんて想像しながら写真を撮りました。
普段なかなか見ることが出来ない風景ですね。

 

いかがでしたでしょうか。
これから始まるついぶ川越工房はこんな形から出来上がってきたんですね。

工房に看板がつくのは12月4週目の中頃を予定しています。
その時の様子は続編『ついぶ川越工房ができるまで【後編】』にてご紹介します。
お楽しみに。

 

 


ついぶ川越工房
〒350-0043 埼玉県川越市新富町1-6-2-2F
TEL:049-277-5252
営業時間:10:00~18:00